yoshio machida

プロフィール

町田良夫
(作曲家、スティールパン奏者、ヴィジュアルアーティスト)

多摩美術大学在学中、現代美術/音楽/映像を総合的に学びました。その後、アジア、アフリカで国際協力の仕事に従事、様々な現地の生の民族音楽と出会いました。1stアルバム「ハイパーナチュラル」は、アジアの太陽信仰文化に触発されたものです。

金属楽器特有の倍音への興味から「Amorphone」と名付けたオリジナル・スティールパンを製作、コンピュータを使ったジェネレイティブ作品は、ブライアン・イーノ、Ovalの作品などと共にDavid Toop著書「Haunted Weather」でも紹介されています。

これまで12のソロ作品、10のバンド/グループ作品、様々なコンピレーションに楽曲提供。16の国々で音楽祭などに参加、ツアー、孤児院、小学校、途上国でのワークショップを行ってきました。

自ら設立した音楽レーベル「アモルフォン」、世界初の試みである赤ちゃんの即興演奏アルバム製作、音楽誌への寄稿、国際展企画、オリジナルタロット「Narativ Cards 1.0」出版、ヴァン・クリーフ&アーペル展覧会音楽、NHK番組音楽なども手がけています。

影響を受けたもの:イーノ、カンディンスキー、タルコフスキー、萩原秀三郎、ルパート・シェルドレイク、ジョイ・ディヴィジョン、小津安二郎、コクシネル、マイルス・デイヴィス、ミシシッピー・ジョン・ハート、ザップ、量子力学、金子みすゞ、バックミンスター・フラー、仏教、丸木スマ、縄文文化




「研ぎ澄まされた音の流れに目が覚める」(ミュージック・マガジン2009年6月号)
「スチールパンの新しい旅」細野晴臣(ソトコト2006年7月号)
「ドリーミーな傑作」 松山晋也(CDジャーナル2006年7月号)
「スティールパンからここまで多彩な表情を引き出すことができるのかと驚愕」(スタジオボイス2004年2月号)
「近年にわかに注目を集めつつある音楽家」梅津元(BT美術手帖2002年6月号)



【活動】

Download プロフィール
これまでのライブ・リスト

2023
- オリジナルタロット「Narativ Cards」出版

2022
- NHK番組「21世紀のBUG男 画家 大竹伸朗」音楽制作

2021
- VAアルバム「Eternal Poet」(10'vinyl)リリース

2020
- DUOアルバム「Premeditation」(10'vinyl x2)リリース
- DUOアルバム「Tokyo」リリース
- NHK番組「The陰翳礼讃」音楽制作

2019
- セルビア・ツアー
- ワークショップ(小学校、孤児院、セルビア)

2018
- ベルギー、フランス、オランダ、ドイツ・ツアー

2017
- TUMO (アルメニア)での音響レクチャー
- DUOアルバム「Music from the SYNTHI 100」リリース
- バンドアルバム「Walk With The Penguin / Charm」リリース
- ロシア、スロベニア、クロアチア、セルビア・ツアー

2016
- Prince of Songkla University (タイ)での音響レクチャー
- ソロアルバム「Tender Blues」リリース
- ポルトガル、スロベニア、セルビア、マケドニア、ブルガリア・ツアー

2015
- ドイツ、ベルギー、オランダ・ツアー
- マルチメディア・パフォーマンス "YA"参加 (ブルガリア)

2014
- 東京都初耳区(サラウンド・インスタレーション)参加
- ソロアルバム「Music from the SYNTHI」リリース

2013
- 「CYBERFEST 2013」出演 (ドイツ)
- ロシアのCYLAND AUDIO ARCHIVEより特殊レコードをリリース
- バンドアルバム「"オハナミ" / アガパンサス」リリース

2012
- 12'vinyl : スティールパン即興音楽シリーズ「イ」リリース
- 12'vinyl : スティールパン即興音楽シリーズ「ロ」リリース
- バンドアルバム「"miimo" / miimo 5」リリース
- ドラマW 向田邦子「イノセント」出演(miimo)

2011
- ドイツ-オランダ・ツアー
- 個展 "MARU"、ヴァルナ、ブルガリア
- バンドアルバム「"miimo" / miimo 4」リリース
- グループ展 "New Vision Saitama 4"参加、埼玉県立近代美術館
- DVD作品「Scape*dance」リリース

2010
- バンドアルバム「"miimo" / miimo 3」リリース
- バンドアルバム「"オハナミ" / オハナミ」リリース
- ソロアルバム「The Spirit of Beauty」リリース

2009
- "ヴァン・クリーフ&アーペル展"の音響デザイン/音楽担当
- バンドアルバム「"miimo" / miimo 2」リリース
- ソロアルバム「Steelpan Improvisations: 2001-2008」リリース

2008
- "パーク展 -アジアの現代美術作家2008-"の企画運営(横浜)
- "miimo"のDubroadツアー
- ソロアルバム「Hypernatural #3」リリース

2007
- バンドアルバム「"miimo" / miimo」リリース
- バンドアルバム、「"Walk With The Penguin" / 君のためにスプーンを盗む」リリース

2006
- オーバーハウゼン短編映画祭委託作品DVD "Loop Pool Ping Pong"へ映像参加
- ソロアルバム「Naada (ナーダ)」リリース
- 音楽ワークショップ、Sava Zebeljan小学校 (セルビア、ツレパヤ)
- Polytechinc Academy、レクチャー(セルビア、ベオグラード)
- "MaerzMusik Festival" 出演 (ドイツ、ベルリン)
- "脳天気 / Weather in My Brain展" 映像&音楽参加 (台湾、台北/台中)

2005
- 音楽ワークショップ、江東区南砂小学校/ASIAS (東京)
- ドイツ年/音響と映像のイベント、"Sound & Image"の企画運営(東京)
- 関根伸夫展/展示映像制作 @埼玉県立近代美術館(埼玉)
- 第一回国際アーティスト・フラッグ展参加 (セルビア、ノヴィ・サド)
- 音楽ワークショップ、にしすがも創造舎/ASIAS (東京)
- フランス、TVCM "www.visual.fr"の楽曲提供
- グループ展 @Appel (東京)

2004
- "日本マケドニア現代アート交流展" の企画運営 (マケドニア/日本)
- 多摩美術大学デザイン科、ライブ/レクチャー (東京)
- 「ISEA2004」出演 (フィンランド)
- ポンピドゥーセンターでの「Ecoute (Listen)」展、楽曲提供 (フランス, パリ)
- ライブツアー (オランダ、ドイツ、フランス、オーストリア、セルビア)
- 音楽ワークショップ、Sava Zebeljan小学校 (セルビア、ツレパヤ)
- ソロアルバム、「Infinite Flowers」リリース
- 音楽レーベル「amorfon」と イベントのプラットフォーム「colavo」設立

2003
- アルス・エレクトロニカ「Dark Symphony」楽曲参加 (オーストリア、リンツ)
- ライブツアー (ロシア、ラトビア、ドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、イギリス、セルビア)
- 「Europhonic Jazz Festival」 出演 (ドイツ、ドルトムント)
- 「Ring Ring Festival」 出演 (セルビア、ベオグラード)
- 国際展「IF」参加 (マケドニア、ビトラ)
- 2人展 with Fitz Ellarald @MUHA (ロシア、モスクワ)

2002
- 「SONAR in Tokyo」出演: ライブ/レクチャー (東京)
- ライブツアー (オランダ、ドイツ、ユーゴスラビア)
- 個展 @ Izba (ユーゴスラビア、ノヴィ・サド)
- 個展 @ Pepper's Loft Gallery (東京)


【GRANTS】

2008
- パーク展 - アジアの現代美術作家 2008-, 芸術文化振興基金 ( 深沢アート研究所と共に )

2004
- ISEA2004 (ASIA-EUROPE Foundation)
- 日本マケドニア現代アート交流展 (財団法人ポーラ美術振興財団)
- 日本マケドニア現代アート交流展 (日商岩井国際交流財団)

2003
- 国際シンポジウム展覧会「IF」 (野村国際文化財団)


【出版】

2023
オリジナルタロット:Narativ Cards 1.0 (with Mileta Postic, Amorfon, 日本)

2021
10'vinyl : Ohanami(町田良夫+山本達久) "Eternal Poet" (MisBits Recordings, ルーマニア)

2020
Digital : 町田良夫+ジョルジュ・ケージョ "Tokyo" (Jorge Queijo, ポルトガル)
10'vinyl x 2 : 町田良夫+キャル・ライアル "Premeditation" (By The Bluest of Seas, ベルギー)
Digital : Soma & Lil "Live in Tokyo" 参加(Soma & Lil, デンマーク)

2017
CD : 町田良夫+コンスタンタン・パパゲオルギアディス "Music from the SYNTHI 100" (Amorfon, 日本)
CD : Walk With The Penguin "Charm" (Amorfon, 日本)

2016
CD : ジョルジュ・ケイジョ/千葉広樹/町田良夫 "Luminant" (Amorfon, 日本)
CD : ソロ "Tender Blues" (amorfon, 日本)

2015
7.5'vinyl : V.A. CAA #20 (CYLAND AUDIO ARCHIVE, ロシア)

2014
CD : ソロ "Music from the SYNTHI" (Baskaru, フランス)

2013
7.5'vinyl : ソロ EMS Synthi Works (CYLAND AUDIO ARCHIVE, ロシア)
CD : オハナミ "アガパンサス" (wonderyou, 日本)

2012
CD : miimo "miimo 5" (miimo)
12'vinyl : ソロ "スティールパン即興音楽シリーズ「ロ」" (自主出版)
12'vinyl : ソロ "スティールパン即興音楽シリーズ「イ」" (自主出版)

2011
CD : miimo "miimo 4" (miimo)
DVD : "Scape*dance" (自主出版)

2010
CD : miimo "miimo 3" (miimo)
CD : オハナミ "オハナミ" (wonderyou, 日本)
CD : ソロ "The Spirit of Beauty" (amorfon, 日本)

2009
CD : V.A. "Wire Tapper #22" (The Wire, イギリス)
CD : V.A. miimo "Starz File Vol.3" (Avex, 日本)
CD : V.A. "Test Tone Anthology" (目玉レコード, 日本)
CD : miimo "miimo 2" (miimo)
CD : ソロ "Steelpan Improvisations: 2001-2008" (自主出版)

2008
CD : ソロ "Hypernatural #3" (Baskaru, フランス)

2007
CDR : ソロ "Read A Book With Steel Pan" (Absurd/Eclipsis, ギリシャ)
CD+DVD : V.A. "SILENT ROOM FAKTORY BOX 01 | skoltz_kolgen" (SK Factory, カナダ)
CD : V.A. "Yasujiro Ozu - Hitokomakura" (and/OAR, アメリカ)
CDr : miimo "miimo" (miimo)
CD : Walk With The Penguin "君のためにスプーンを盗む" (Amorfon, 日本)
CD : V.A. "Resonance: Steel Pan in the 21st Century" (Quiet Design, アメリカ)

2006
CD : V.A "Water Music" (Commune Disc, 日本)
CD : ソロ "Naada" (Amorfon, 日本)

2004
CD : ソロ "Infinite Flowers" (Amorfon, 日本)
ノート : コクヨ, "An" シリーズ (Kokuyo, 日本)
CD : V.A. "seeds of dub" (Mao, 日本)
CD : V.A "*Music for Baby!", (Amorfon, 日本)

2003
CD : V.A "lib." (Cubicfabric, 日本)
CD : V.A "Kraakgeluiden" (Unsounds, オランダ)

2002
CD : V.A "Japanese Avant Garde" (Sub Rosa, ベルギー)
CD : V.A (Improvised Music from Japan, 日本)

2001
CD : ソロ "HYPERNATURAL #2" (Softl Music, ドイツ)

1999
CD : ソロ "HYPERNATURAL" (自主出版)
FD : ソロ "AMORPHOUS" (Koan Pieces with Koan software by SSEYO Ltd., 自主出版)

バナー画像 バナー画像 バナー画像

TOP