町田良夫は、90年代コラージュ作品を制作していました。その時、印画紙を素材の一つとして、光の象徴として使っていました。数年後、この素材のみを取り出し、それをメインの表現媒体として使い始めました。彼は、これを「Photobatik」(フォトバティック)と名付けました。Photobatikは、カメラを使わず制作され、フォトグラム(レイヨグラフ)とも異なります。フォトグラムにおいて、露光部分と未露光部分が基本的には同時に存在します。表面上、露光部分は黒い色に、未露光部分は、白い色になります。イメージは、光と影のコントラストの差の結果として形成されます。しかし、Photobatikに、未露光部分はありません。Photobatikの全てのイメージは、露光と現像行程で作られます。このプロセスは、バティック(ろうけつ染め)と同様です。フォトグラムは、構造的に「部分露光、全現像」なのに対して、Photobatikは、「全露光、部分現像」なのです。町田は、この技法をさらに発展させ、現像液なしで制作しています。印画紙は、強制露光され、フィクサー(化学反応を停止させる薬液)につけるだけです。その結果、全体に明るいピンク色を帯びた仕上がりになります。2011年の展示以降は、この印画紙作品を素材として使用した映像作品「Scape*dance (2011)」の制作、新たにロープ、針金、刺繍、サウンド&ビデオ・インスタレーションなどの様々な手法を用いて「丸」をモチーフとした作品を発表しています。新作DVD作品「Scape*dance (2011)」は、こちら

展覧会/ワークショップ


2011年


2011年


2011年


2011年


2011年


2011年


2011年


2008年


2005年


2004年


2004年


2003年


2003年


2003年


2002年


2002年



about | news | music | art | amorfon | words | contact | english | © 1997- YOSHIO MACHIDA